水道水には赤ちゃんの体に害のある○○が含まれている

水道のお水はもともと雑菌や微生物などのバイ菌が含まれています。
自宅のお水を安全に飲めるように塩素で消毒し、殺菌されているので菌による感染の心配もなく飲むことができます。
この塩素とはカルキのことです。 カルキは塩素です。
赤ちゃんは内臓や消化器官などが未発達のため塩素による影響を受けやすく、アトピー性皮膚炎や、喘息などにかかりやすくなります。

水道水でミルクを作るなら沸騰させること

カルキは、沸騰させることで消滅するので冷めないうちにミルクに混ぜ、人肌程度になったら飲ませてください。
しかし、水道水を沸騰させることで「トリハロメタン」という発ガン物質が発生します
この発ガン性物質は沸騰から5分~10分内に多く含まれています。
その間はミルクに入れるのはやめましょう。

沸騰なし!湯冷ましする必要なし!

ミルクを作るたびに水道水を沸騰させ、人肌程度にミルクを冷まさなければならず手間がかかりますよね。
お母さんは赤ちゃんのお世話だけでも大変です。
水道水以外に手間をかけずに簡単で安全なお水でミルクを作ることができます

赤ちゃんのミルクを作るならミネラルウォーター?ウォーターサーバー?!

市販のミネラルウォーターとウォーターサーバーがあります。

ウォーターサーバー
冷たいお水と熱湯が出るので、沸騰や湯冷ましする手間もないので簡単にミルクを作ることができます。
しかも低コストで赤ちゃんのミルクを作ることができるので家計にもひびきません。
毎回沸騰させるにもガス代がかかります。
ウォーターサーバーのお水なら、ろ過しているので不純物は一切含まれておらず赤ちゃんに負担をかける心配はありません。

市販のミネラルウォーター
ミネラルウォーターは、あらかじめ精製されたお水なので塩素は入っていませんが、マグネシウムなどのミネラルが含まれているので赤ちゃんの内臓に負担をかけてしまいます。
特に硬水はダイエットに有効なミネラルがたくさん含まれているので注意が必要です。

おすすめしたいウォーターサーバー

・アルピナウォーター
アルピナウォーターは北アルプスの湧き水から摂れる日本有数の水質により、ROろ過という方法によって99,9%の不純物を除去した硬度1mg/リットル以下の軟水です。
RO膜は花粉、ウイルス、大腸菌、アスベスト、トリハロメタン、ヒ素、ヨウ素131、ダイオキシンなどのしちいさな物質も取り除いてくれます。放射性物質も不検出なので安心して召し上がれます。
アルピナウォーターサーバーは冷水、5℃、お湯85℃がでるので冷えた水と熱湯が出ます。

ポットの必要もなく水の沸騰も必要ないのですばやくミルクやお茶、コーヒーなども作れます。
チャイルドロックもついているので小さなお子さまにも安全です。
とても低価格なので赤ちゃんのミルクだけではなく、家族全員で飲めますね。
機械はメンテナンス管理も面倒なことが多いのですが、2年ごとにサーバーを無償で交換してくれます。

サーバーレンタル料金 ¥572円(初回お届けボトル4本無料)
12リットルボトル
月額コスト(2本・24リットル)2,468円)
     (3本・24リットル?)3,416円)
     (5本・24リットル)5,312円)

アルピナ天然水に水素水をプラスしませんか

アルピナウォーターは水だけではなく、サーバーに水素を含んでいる水素サーバーを取り付けるだけで高濃度水素水ができるサーバーがあります。
月々1,080(税込)円でレンタルできます。

水素水とは悪玉活性酸素を除去する働きをするので体内のサビを除去し、エイジング効果を高めます。
活性酸素は体内に蓄積するので体は老化し、病気にかかりやすくなります。
水素水は赤ちゃんからお年寄りまで幅広く安心して飲むことができます。
しかも水素には免疫力を高めアレルギー、アトピーを軽減するメリットがあります。
お水に地球上で1番小さな水素物質を含ませているだけなので味は変わらず美味しく召し上がることができます。
薄毛治療